カテゴリー: 美容の雑学

スキンケアの手を抜くと

No Comments

美しい女性
美肌にはびしっとお手入れをする事が欠かせませんが、お手入れをし過ぎて過剰なスキンケアをしてしまうと、肌が危機感を感じなくなり衰えてしまいます。

あまり定期的念入りにしてしまうと、肌の自己一新働きが損なわれるという事を意識したスキンケア手段が推奨です。

一例を挙げれば、それ故定期的のスキンケアに奥行きを持たせて、ちょっと移り変わりさせてみるのもいいかも知れません。

多忙な朝の日は、洗顔剤を使用せず水洗顔だけにして、化粧水と保湿クリームかオイルを塗布して完了するだけでも肌の調子が整います。

もしくは、洗う前の肌が皮脂などでベタつくケース、粘土石鹸を使用して脂が際立つところだけに使用します。

保湿のテクニックは水洗顔のときと同じです。

どっちも化粧水を塗るケースにイチ押しやりたいのが、顔を上に向き、化粧水をつけた手でしっとりと肌をセーブするテクニックです。

こうすると肌になじみやすくなります。

その上、顔を洗ったあとは水をちょっと表皮に残しておくと、呼び水になり染み渡る成果が高まると言うのをテレビでやっていました。

夜は整然とメイクを落とし、落とした後の肌の状況を踏まえた洗顔をしましょう。

週末にはピーリングやスクラブで毛穴づまりや痛むようになった角質を落とし、肌のターンオーバーを意識します。

週に一度か二度はマスクやパックでスペシャルケアをしてあげる事も重要です。

肌を甘やかし過ぎず、様子を見ながら飴と鞭で向き合っていくと、肌の調子がよくなりますよ。

Categories: 美容の雑学